--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ
2013年03月24日 (日) | 編集 |
テレビを見ない私
たまたまついていた
テレビに引き込まれてしまいました。

「泣くな、はらちゃん」
最終回のひとこま

はらちゃん(長瀬智也)が、
越前さん(麻生久美子)に向かって

... 「両想い、両切ない」と言い

越前さん「なんか(私たち)ラブラブですね」とこたえる。

はらちゃん「でも、工場長が行ってました
      新婚でラブラブって短いんだって」

越前さん「いや・・・みんながそんなことはないと思います
     何年経ってもラブラブな人たちはいるはず」
 
越前さんのそうであってほしくないという願いがよかったですね。
   
(そう、私たちもそうでありたい)と思いながら
これから夢を持って恋愛・結婚しようとする
人たちに失望を与えてはならない、と
思いました。

しかし、見たのはその場面5分だけ
どんなストーリーかは知りません。


でも、はらちゃんの純粋さは
すばらしかった。

越前さんに素直な感情を伝えること
それが計算高くないこと

お巡りさんに出会い、
制服でないので尋ねると
非番だったことがわかり

「休んだら越前さんが困ります」と言い

そんななかで

お神輿をかつぎながら
「この世界はすばらしい」と
叫ぶはらちゃん

たった5分のテレビ視聴に
今日は影響を受けてしまいました。

彼のように純粋でありたい
スポンサーサイト

人気ブログランキングへ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。