--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ
2013年03月05日 (火) | 編集 |
長い間

自分の信じる価値観があり
その信念に基づいて
こだわってきたのですが

6年前くらいから
そのこだわりをゆるめ
柔軟にものごとを考え

多様な意見や価値観を受け容れ
認めるようにしてきました

しかし、受け容れることは
頭でわかっていても
簡単ではありません


自分とは相容れない意見や考え
相手がどのような背景、経験を持って
そうなったかを知ることなしに

仮に知ることができたとしても
感情では「嫌だ」と
拒否反応を示してしまいます



最近感じていること

それは 受け容れることは
大切にしながら
その先に何を見いだすか

ということです

丸ごと受け容れるようにしたら

今度は、それを
ごちゃまぜにして
シェークする

ただ受け容れるだけでは
前に進めないと気づきました

ならば
それを自分のものにすればいいのでは

っと


2012年の年賀状に
受け容れる、という意味の
「受」という文字を書きました

今年は出せなかったのですが
耕す、という意味の
「耕」という文字をイメージしました

丸ごと受け容れ
どんどん耕す

いろんな肥料が混ざったほうが
いい土ができるはず

※今日、今後の夢を語り合った方が
偶然にも「(大変な状況も)今は耕す時」と
おっしゃったことが

うれしかったです
スポンサーサイト

人気ブログランキングへ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。