--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ
2012年07月31日 (火) | 編集 |
今日、改めて原子爆弾が世界で最初に投下された
ヒロシマに生まれ、育ち、いまを生きていることを
意識しました。

以前も書きましたが、
妻は被爆3世です。

蒼太郎は被爆4世です。

たまたまか、必然かわからないですが、
妻と蒼太郎は

口唇口蓋裂(こうしんこうがいれつ)という
病状を持って生まれました。


私も、もしかしたら被爆2世かも。
なぜ、もしかしたら、なのか


この世にいない父が入市(広島市に被爆後入ったこと)被爆している
可能性があるからです。

その事実を知ったのは、死後7年後
2004年の終戦記念日に母が何気なく語り知りました。

ヒロシマでは、原爆について語ることが
タブーとなっています。
だからかもしれません。

それから、人ごとでなく、自分の体を心配するようになりました。


平和記念公園の原爆死没者慰霊碑に書かれている言葉

「安らかに眠って下さい 過ちは 繰返しませぬから」は
私たちの誓いです

しかし、ビキニ、チェルノブイリ、カザフスタン、東海村、イラク、

そしてフクシマと繰り返してきました。

放射能被害という過ちを!!!


今日、旧ソ連のセミパラチンスク出身で
カザフスタン共和国名誉芸術家の

ローザ・リムバエワさんの
歌う「ザマナイ(日本語訳 時代よ!)」を
生で聴きました。

ザマナイ 時代よ!

※切なくて、哀しくて、でも元気がでます


この歌は、セミパラチンスクで1949年から40年間もの間
450回も秘密裏に行われていた核実験場を廃止に
追い込んだ時に歌われた歌です。

この歌が、哀しみと怒りを希望に変えていき
みんなで歌って勝利したことを想像し、

涙が止まりませんでした。

いま、東京で反原発集会が行われていると思いますが、
ローザさんのメッセージは

みんなで共感できる歌を作り歌おう!

それをすれば、全国に拡がる
ザマナイのように

です。

明るい未来を信じて
これからの未来を創る
子どもたちのためにも

信じて行動したい
スポンサーサイト

人気ブログランキングへ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。