--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ
2012年04月14日 (土) | 編集 |
本ブログタイトルについて書きます。

以前にもご紹介しましたが
このキャッチコピーは

私たちが2004年10月10日
結婚を祝う会を開催していただいた時の
タイトルです。

弟のようなTくんが

私たちの意向を汲み取り
ビビビッとひらめき言いました。

「つながりはLove&Peaceにしよう!」っと

なんか、文法的に変じゃないっと思いながら

私なりに人との”つながり”は大切にしてきたし
Love&Peaceを二人だけでなく
私たちと関わる人たちと
想像し、創造していきたい

っと思ったから

このネーミングを大切にしようと思い
ブログタイトルにもさせていただきました。

Tくん ありがとう


ところで、この一年特に強調された言葉があります。






つながり・・・


よく、人はひとりで生きられないと
言います。

どの人もひとりで生きていることは
ありません。

そう思っていたとしても

自分を産んでくれた両親や祖先がいなければ、
生きていることもありません

いま、ご飯を食べられているのは
お米や野菜を作ってくださる
農家の方がいてこそ

お金を稼ぎ、収入を得られているからこそ
消費という行為により
私たちは、楽しむこともできている。


ただ、「こころはひとり」と言う人は
たくさんいると思います。

だからこそ、
絆や縁やつながり、という言葉を
大切にしたい、と思えるのでは
ないでしょうか。

それを大切にするために
絶対条件として必要なこと


それは

あるがままを

存在を

受け容れることだと考えます。


絆や縁やつながりを持とうとする人の
能力や努力や素質に対して
関係を持つことは

誰でもできます。


でも、その人の存在そのものを
受け容れることができなければ

それは

絆でも
縁でも
つながりでも
ないと考えます。


たとえ、赦されないほどの
犯罪を犯したとしても

そうしてしまった事実を
そうせざるを得なかった事情や背景を

ただ、受けとめようとすることからしか

始まらない

と思います。

それを気づかせていただいた映画を紹介します。

・ヴェラドレイク


・レ・ミゼラブル


まずは

自分を赦すことからですね







スポンサーサイト

人気ブログランキングへ
コメント
この記事へのコメント
つながりの大切さを教えてくれたのは、
小学校の恩師と保育園とやまちゃんですよ
ありがとう。
今日改めてそう思いました。
近々飲もうぜ。
2012/04/15(Sun) 19:21 | URL  | もしかしてTくん? #-[ 編集]
もしかしてTくん?へ

コメントありがとうございます。
そうじゃー飲もうぜ!
2012/04/21(Sat) 04:34 | URL  | やまつぁ~ん #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。