--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ
2012年07月31日 (火) | 編集 |
今日、改めて原子爆弾が世界で最初に投下された
ヒロシマに生まれ、育ち、いまを生きていることを
意識しました。

以前も書きましたが、
妻は被爆3世です。

蒼太郎は被爆4世です。

たまたまか、必然かわからないですが、
妻と蒼太郎は

口唇口蓋裂(こうしんこうがいれつ)という
病状を持って生まれました。


私も、もしかしたら被爆2世かも。
なぜ、もしかしたら、なのか


この世にいない父が入市(広島市に被爆後入ったこと)被爆している
可能性があるからです。

その事実を知ったのは、死後7年後
2004年の終戦記念日に母が何気なく語り知りました。

ヒロシマでは、原爆について語ることが
タブーとなっています。
だからかもしれません。

それから、人ごとでなく、自分の体を心配するようになりました。


平和記念公園の原爆死没者慰霊碑に書かれている言葉

「安らかに眠って下さい 過ちは 繰返しませぬから」は
私たちの誓いです

しかし、ビキニ、チェルノブイリ、カザフスタン、東海村、イラク、

そしてフクシマと繰り返してきました。

放射能被害という過ちを!!!


今日、旧ソ連のセミパラチンスク出身で
カザフスタン共和国名誉芸術家の

ローザ・リムバエワさんの
歌う「ザマナイ(日本語訳 時代よ!)」を
生で聴きました。

ザマナイ 時代よ!

※切なくて、哀しくて、でも元気がでます


この歌は、セミパラチンスクで1949年から40年間もの間
450回も秘密裏に行われていた核実験場を廃止に
追い込んだ時に歌われた歌です。

この歌が、哀しみと怒りを希望に変えていき
みんなで歌って勝利したことを想像し、

涙が止まりませんでした。

いま、東京で反原発集会が行われていると思いますが、
ローザさんのメッセージは

みんなで共感できる歌を作り歌おう!

それをすれば、全国に拡がる
ザマナイのように

です。

明るい未来を信じて
これからの未来を創る
子どもたちのためにも

信じて行動したい
スポンサーサイト

人気ブログランキングへ
2012年04月14日 (土) | 編集 |
本ブログタイトルについて書きます。

以前にもご紹介しましたが
このキャッチコピーは

私たちが2004年10月10日
結婚を祝う会を開催していただいた時の
タイトルです。

弟のようなTくんが

私たちの意向を汲み取り
ビビビッとひらめき言いました。

「つながりはLove&Peaceにしよう!」っと

なんか、文法的に変じゃないっと思いながら

私なりに人との”つながり”は大切にしてきたし
Love&Peaceを二人だけでなく
私たちと関わる人たちと
想像し、創造していきたい

っと思ったから

このネーミングを大切にしようと思い
ブログタイトルにもさせていただきました。

Tくん ありがとう


ところで、この一年特に強調された言葉があります。






つながり・・・


よく、人はひとりで生きられないと
言います。

どの人もひとりで生きていることは
ありません。

そう思っていたとしても

自分を産んでくれた両親や祖先がいなければ、
生きていることもありません

いま、ご飯を食べられているのは
お米や野菜を作ってくださる
農家の方がいてこそ

お金を稼ぎ、収入を得られているからこそ
消費という行為により
私たちは、楽しむこともできている。


ただ、「こころはひとり」と言う人は
たくさんいると思います。

だからこそ、
絆や縁やつながり、という言葉を
大切にしたい、と思えるのでは
ないでしょうか。

それを大切にするために
絶対条件として必要なこと


それは

あるがままを

存在を

受け容れることだと考えます。


絆や縁やつながりを持とうとする人の
能力や努力や素質に対して
関係を持つことは

誰でもできます。


でも、その人の存在そのものを
受け容れることができなければ

それは

絆でも
縁でも
つながりでも
ないと考えます。


たとえ、赦されないほどの
犯罪を犯したとしても

そうしてしまった事実を
そうせざるを得なかった事情や背景を

ただ、受けとめようとすることからしか

始まらない

と思います。

それを気づかせていただいた映画を紹介します。

・ヴェラドレイク


・レ・ミゼラブル


まずは

自分を赦すことからですね








人気ブログランキングへ
2010年09月21日 (火) | 編集 |
ドキュメンタリー映画 「沈黙を破る」(土井敏那監督)を見ました。

元イスラエル軍兵士がパレスチナへを「占領」し、虐待や略奪、
一般住民の殺戮等の加害行為を告白しています。

そのなかで、人間性を失い、考えるのをやめ、
「怪物」になっていくことを自覚していきます。

その内面の葛藤をリアルに語っています。

加害者でもあり被害者でもある彼らが
沈黙を破ることを通じて、人間らしさを
取り戻していくのです。

過ぎ去ってしまったことを消すことはできず、
それを振り返ることはつらいことです。

沈黙してしまっていることに気づき、
客観的に自分をとらえ、ダメな自分も受け入れ、
告白することを通じて、彼らは「生きている」ことを感じます。


いま、私たちの生きている社会にもたくさんの「沈黙」があります。

正しいか否かという以前に

より自由に意見が言える社会でありたい。

家族、職場、地域など身近なところから。 

人気ブログランキングへ
2010年08月09日 (月) | 編集 |
今日は、もうひとつの原爆記念日です。

11時2分

職場でトイレに行くふりをして、こっそり黙祷。

見上げる空は青く、やはりからっとしている。

いま、黒くも赤くもない空を見ながら
平和に暮らせていることがありがたいと思いました。

被爆された人々がいなければ、
平和憲法はできなかったかもしれない。

65年戦争せずにこれたからこそ、
いま、爆弾や地雷の恐怖に怯えずに生きることができるっと。

そして、毎日寝苦しく熱帯夜が続くこの頃。

地球は滅んでしまうのかっとも思います。

地球が、世界が一日でも早くひとつになるために
私は何ができるのだろうか?

何をすべきだろうか?

過去の戦争から何を学ぶのかが問われています。

人気ブログランキングへ
2010年08月06日 (金) | 編集 |
今日は、原爆投下65周年

私たちの17回目の結婚記念日でもあります。

34歳に結婚し、現在40歳ですので6周年???なのですが。

身内のお披露目、入籍、そして友人を招いてのパーティと
三回の記念日があるので、そういう計算になります。

蒼太郎が寝た後、久しぶりに語り合いました。


笑顔で平和な世の中を創ろうっと。


笑顔で接して争うことはありません。
バカにした(受け取られた)場合は違いますけど。


今日の平和記念式典、今年も子ども代表の「平和の誓い」が
本当に良かったです。

「次は、ぼくたちの番です。
この地球を笑顔でいっぱいにするために、
ヒロシマの願いを、世界へ、未来へ、
伝えていくことを誓います。」


ヒロシマの願いを伝えることは平和につながり笑顔にいっぱいになるでしょう。

同時に、怒りや悲しみ、悔しさを他人にぶつけるだけでなく、
笑顔から平和を作りたいです。

身近な人へ 理解し合う気持ちを持って


それから、笑顔を作るための言葉を考えました。
龍馬伝で龍馬がおりょうに笑顔を作るように
「う~み」と何度も言わせたシーンをヒントに。

ビール、スィーツ、ピーチなどの「い」音を伸ばして発することなのだと。


また、笑顔を作るために大切にしている歌を二人で確認しました。

♪いつでも微笑みを/Mr.chirdren

いつでも微笑みを 
そんな歌が昔あったような
今こそ その歌を
僕達はうたうべきじゃないかなぁ


♪ユーモラス/ゆず

ちょっとしたユーモア ユーモア ユーモアでもって
笑い飛ばしてしまえる強さを僕等はもっていて
なんてことないアイデア アイデア アイデアでもって
潜りぬけていける賢さを僕等は持っているんだよ


♪太陽の下/レミオロメン

笑って心開いたら
あなたの事好きになった
一巡り太陽の下で
深い眠りから覚めたら
もう少し素直に生きたいよ
だってあなたに会いたいから

人気ブログランキングへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。