--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ
2013年03月15日 (金) | 編集 |
本日、43回目の誕生日を
無事迎えることができました。


私を生んでくれた
両親に

この場をお借りして
感謝申し上げます

初めて、直接
メールではなく
電話だけれど

「ボクをうんでくれてありがとうございます」

と恥ずかしいと感じずに
伝えることができました。

(ちょっとお酒が入っていましたが)


母「あなたくらいよ~ そんなこと言ってくれるのは」


私「(直接言うのは初めてなんだけどな~)
  それは、恥ずかしいことだし
  なかなか言えるものでないと思う。

  でも、今日言えたのは、たっくさんの
  人がボクを支えてくれ、大切なことを
  教えてくれているから」

母「あなたは仕合わせなのね」


15年前に他界した父は

私がうまれたとき
何を想っただろう


父と母がどのようにして出会い
結婚に至り

あのタイミングで

私がうまれた


確か、姉と私の間に
流産した

と聞きました。

もし、兄か姉が生まれていたら

私は存在していないのです。


あおたろうが生まれたとき

自然に「うまれてきてくれてありがとう」と
思いました。

未熟な私たちを
選んで

この世にうまれてきてくれた
あおたろう


今日、自分で自分へのご褒美をしようと
本屋へ走り、見つけたのがこの本

うまれてきてくれてありがとう


パパになり誕生日になると感じていること

それは

「ボクをうんでくれてありがとう」
なのです


雨や風、雪、嵐

そして雲が

私の心を曇らせても

今日の天気のような
蒼空を眺めていると

この地球にうまれて

いま、この場所で
生かされていることに
ありがたい

と心から思いました


職場のスタッフと

職場のイベントで参加者と協力団体さん

フェースブックでの友達

そして、母・姉から

「おめでとう」の言葉をいただきました。


そして
妻とあおたろうから

とびっきりおいしい
手作りケーキをもらい
しあわせな誕生日でした

誕生日ケーキ130315-s

あおたろう「ボクがね~ いちごとね~ クリームね~ ぬったんよ」


今日の空は

とても碧く

星と三日月がきれいでしたね
スポンサーサイト

人気ブログランキングへ
2013年02月15日 (金) | 編集 |
バレンタインデー

チョッコレート何個もらった?
という感覚がない私

最近は、女性から男性へだけでなく

女性同士が「友チョコ」をあげるのですよね

でも、男性が女性にあげるのもありだとか

5年前に
「皆さんにお世話になっているので」と
職業訓練校のクラス全員に

たくさん入ったチョコレートを
配っていた男性がいました。


昨日のバレンタインデー

私の職場(女性7名、男性2名)では

別の部署の女性から
「みなさんでどうぞ」
とチョコレートを

職場の女性陣からも
「みなさんでどうぞ」
これまたチョコレートと
チョコクロワッサンやチョコパン

超有名らしい菓子メーカーのチョコを
いただきました。


偶然にも

私も、
「みなさんでどうぞ」
と余っていた我が家のチョコレートを
差し上げたのですが

よくよく考えてみると
今までの常識(女性が男性に)
でいえば



でも

それぞれが
たまたま

バレンタインデーに
チョコレートを配ったことで

感謝のキモチを伝える手段として
の位置づけでもあるような
気がしました。

もらうことを求めるのでなく
与えることの大切さを

を実感した一日

妻「え~ (個人的な)チョコレート1個ももらわなかったの?」

それは「お土産がなかった?」という意味ともとれるのですが

スイーツ好きな妻に
買って帰るべきだった・・・

当然ですが
妻は私と息子に

とびっきりのチョッコレートケーキ
くれました。

バレンタインケーキ

人気ブログランキングへ
2012年12月25日 (火) | 編集 |
妻と9歳離れているため

一昨年から今年まで
同時に

厄年を経験しました

私が43歳で
妻は34歳(数え年)

迷信を信じているか否かは別として
3年間お祓いに行きました

悪いことが起こらないように
というお願いというより

悪いことも
すべて

これからの肥やしとなり
成長の糧となる

経験として

捉えられたらと
祈りました

でも、厄年は
からだを気をつける年齢なのですよね

昨年、ちくのう症にかかり
まったく鼻がにおわなくなった私

妻も
体調万全といえないこの頃

厄年が終わってからこそ
気をつける必要があるのかもしれません。

人気ブログランキングへ
2011年06月30日 (木) | 編集 |
今日は、父の14回目の命日

仕事を半日休み

実家に帰り
墓参りと法要を済ませました。

母がいなければ
当然ながら
私は生れていません。

そして、出産していなくても
父がこの世に存在しなかったら
私は生まれていません。

父に「私を『生んで』くださりありがとうございます。」と
感謝する日であるとともに

「いま、私はこんな状況です」
「これから、こういう人生を歩みます」と
お話してきました。

私の愛用する「こころの旅カレンダー」
月末の31日(6月は30日「ピンチはチャンス」)には

「感謝」と書かれています。

すべてのことに心から感謝できる人間になりたい。

そうすれば、おのずから道は拓けてくることに
言葉にできない直感が湧いています。

命日だけでなく、誕生日、結婚記念日

ヒロシマでは8月6日

そして3月11日

「その」人、出来事のおかげで
いまの私があるっと

学ぶということは、その苦い経験を
自分の人生に活かすことだと教わりました。

良し悪しに関係なく
それぞれのの記念日を
感謝する日として作っていけば
毎日感謝できるようになるかなっ?


すべてはおかげさまから始めてみませんか。



人気ブログランキングへ
2010年08月31日 (火) | 編集 |
崖の上のポニョで有名になった 福山市鞆の浦

その沖にある仙水島で買った「こころの旅カレンダー」の
最後のページに書いてある言葉

それは「感謝」

その解説に書いてあるのが「「自分を○○するのは今だ」です。

以下引用します。

 今日という日、今という時は決して取り戻せない。
 だから、今というこの時に感謝し、大切に生きる。

 自分を磨くのは今だ。

 自分を高めるのは今だ。

 自分を鍛えるのは今だ。

 自分を出すのは今だ。

 自分を○○するのは今だ。


私なりに○○を考えてみました。

 自分を受容するのは今だ。
 
 自分を肯定するのは今だ。

 自分を愛するのは今だ。

 自分を変革するのは今だ。


自分を客観視することは最終的には一人でする作業ですが、

たくさんの人の知恵と愛情のおかげです。

気づきを与えてくださる皆さんに感謝します。

人気ブログランキングへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。