--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ
2009年11月06日 (金) | 編集 |
蒼太郎は、口唇口蓋裂という病状を持って生まれ、
生後4カ月の6月に手術をしました。

父親似のイケメン??? で、かわいくて仕方ないと思うのは、
わが子だから言うまでもありません。

口が裂けて生まれ、人に会わせるのは嫌だった妻の気持ちを振り切り、
私は、手術前からどんどん外に連れ出し、人に会わせて、抱いてもらってきました。

どの人も「かわい~ぃ」と言ってくれます。
口唇裂のことを知っていても知らなくてもです。

これまで、二回ほど見知らぬ人に「どうしたのその口」
「かわいそうじゃねぇ」と言われました。

私の感想は、「率直な感想でありがたい」です。

同じ口唇裂の妻は、幼少のころからずーっと「その口どうしたん?」と
素直に聞かれて傷ついてきたようなので、私とは違う感情だと思います。

問題は、私たちが感じることではありません。
これから、蒼太郎が人と違う口の状態を客観的にとらえ、どう感じるか、
他人から質問されたり、異質な目でみられたり、いじめられた時にどう対処するかです。

私は、蒼太郎自身が、コミュニケーション力をつけ、
解決できるようにどんなサポートができるのか、と考えます。

自分で解決できないときには、まわりの友だちや大人が
助けてくれるような存在になることです。

そして、困った時にはどんどん頼ればいいと思います。

また、親に対して反発する時に、別に頼れる存在も必要だと思います。

いま、できることは、「人とは違った口」を隠すために
「家の中に閉じ込める」のではなく、もっと人と関わり、
かわいいと言われ、親だけでないまわりの人たちに
愛されることだと考えます。

そんななかで、きっとつらい思いをする日もくるでしょう。

いまは、赤ちゃんだから、かわいいのは当たりまえです。

大きくなっていくにつれて、口の傷や発音などが他人と
違うことで、いじめられたり、人目を気にするようになるでしょう。

口唇裂に関わらず、人間関係で悩むこともあるでしょう。

その時、愛されている量と質が大きければ大きいほど、
たくさん傷つき、悩んだとしても、私は、立ち直る力を
身につけていると信じています。

私たちだけでは、子どもは育たないと思います。
まわりの人たちに、厳しさも含めて育ててもらいたいと思います。
スポンサーサイト

人気ブログランキングへ
2009年10月24日 (土) | 編集 |
今日は、妻が仕事に出ていたので、一日、蒼太郎と二人で過ごしました。

自称・子ども大好きの私ですが、以外に疲れたです。
世のお母さん、主婦の方はそれはそれで、お疲れ様です。
仕事しながら子育てしている方も、ホントにお疲れ様です。

かわいいだけではないですね。

遊んでほしいと要求しますし、すぐあきますし、
よく泣きますし、自分のことなんて何もできませんし。
いろんなものをしゃぶりますし・・・

ハラハラ、ドキドキ、ヘロヘロ

離乳食は、まずいのか、食べさせ方なのか、食べないですし・・・
昼寝は、寝るまでに思いっきり泣きますし。

保育士さんは、きっと何かおまじないでもかけているのだろうか???

最近、便秘がひどくて、うんちの時によく泣きます。
お尻の穴を広げてやると、きばってでるのですが、臭いという以前に
本人の苦しさが伝わってきて、切ないです。

そういえば、小さい頃、母親にそうやってお尻を広げてもらった記憶が・・・

子育てをしながら、今まで育てられたことをありがたく思う毎日です。
お前だってよく泣いたじゃないか、好き嫌い激しかったじゃないか、って
でも、そんなことを楽しみながら、家族の絆は深まっていくのだと思います。


夕方、NHKでポニョの宮崎駿監督と、バカの壁の養老孟司さんの対談を観ました。

宮崎監督、とっても素敵な、夢のある社内保育園をジブリにつくられていました。

子どものもつ、わくわくした感情を大切にされている、
そして、「大人は口と手を出してはいけない」というルール、
バリアアンフリーの危険だらけの空間

過保護にするのではなく、子どもの成長・発達を伸ばそうとしている、
そう感じました。

一度行ってみたいとことろです。
そして、もっと子どもと関わる楽しさを発見したいです。

次は、自由に行き来できる保育園とポスピスを作るとのこと。
子どももお年寄りも元気になるって。

絵コンテに、ポスピスのベットで寝ている老人に「まだ死なないの?」と
素直に聞く子どもが描かれていました。

うーん、すばらしい。

良くも悪くも子どもの「素直さ」をいつまでも持っていたいと思うのは私だけでしょうか?

今日は、わけがわからなくて、収拾がつかなくなってしまいましたので
この辺でおわりにします。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。


人気ブログランキングへ
2009年08月21日 (金) | 編集 |
私「私もめでたく父親になりました」
Tさん「いや~父親になるって?まだ早いよ。
これからが父親になれるかどうかだよ」

どきっとした瞬間です。

妻が「おしるし」という出血が出て病院に行き、
それから約丸2日がかりの出産に立ち会った私は、
母と子の生命力の強さを強く感じました。

そして、蒼くんを抱いて、「父親になった」ことを
意識し始めました。

妻がどんなにつわりでしんどくても、
お腹が大きくなっても、鼓動を聞いても、
私にとってなかなか実感が持てなかったのですが、
実際に目の前に存在する蒼太郎を感じて
急に父親になった気分になりました。

出産後、尊敬する兄のようなTさんに、
冒頭の「これからが父親になれるかどうかだよ」と
言われた言葉は、長い育児・子育て生活の中で
常に感じることだと思います。

いまは、微笑み返しをしてかわいく、
何をしても怒る気にもならない。
あの笑顔にメロメロな毎日です。

隣の家で毎朝、母と息子が大きな声で
言い合っている姿をみながら、
蒼太郎もいつ反抗期を迎えるのか、と
想像してしまいます。

最低限20歳を迎えるまでに
親として育てる義務があります。

そう考えると、「めでたく父親になった」のは
生まれた喜びだけでなく、自分を成長させて
くれる宝物としてとらえるほうが、ありがたい
ことなのかもしれません。

※蒼太郎に歯が生えてきました。

人気ブログランキングへ
2009年08月20日 (木) | 編集 |
ひと昔と違って、最近の夫・父親(20代~30代)は家事・育児
をするのがあたり前になってきました。

皿洗い、ゴミ出し、子どものお風呂入れ、ねかしつけ・・・

働く女性が増え、夫・父親が家でゴロゴロしていると、
ゴミのように扱われます。

私は、一人暮らしの経験もあり、簡単な軽食、皿洗い、
洗たく、掃除などをすることは苦ではありません。
上手か、きれいかといえばそうとは言えませんが・・・


ほとんどが女性スタッフ(40代)の私の会社でこんなことがあります。

自分で弁当を作って持っていけば、「すご~い」と。
ただ前の日のおかずを詰め、おにぎりだけを作っただけでも。
おにぎりは、親戚や友人の子どもにつくってあげると
喜ぶから作るのが好きなのです。

毎週定例の掃除の日に、私が雑巾を持ってきれいにしていたら
「すご~い」と。
「わたしらーがするけん、仕事してください」と言われるのです。
(こんなできた夫はいない)(夫に聞かせないと・・・)という
つぶやきが聞こえながら・・・

また、妻の友人夫婦が遊びに来た時、
皿洗いや片付け、子どものおしめ替えをする
私を見て、妻の友人が言います。
「すご~い」と
(夫に「あなたもやってよ」)という無言のメッセージで。

どうして?あたり前のことをしているのに・・・という感想です。
そして、私はすごくもなんともないです。

半分は、いい夫・父親を見せているだけなのに・・・
ちょっとみえっぱりのいいかっこしぃなので。

しかし、家事も・育児も夫婦で分担する。これが私の考え方です。
仕事は、生活費を保障する意味では、夫がメインとなるかも
しれませんが、妻も自己実現や自己成長、生活費保障などの
目的をもって働くことは大切だと思います。

もし、妻がメインで働ける条件で、家事・育児を専業にするなら、
私が主夫になります。

妻に働いてもらっているから、仕方なく家事・育児をするのでなく、
食を家族で楽しみ、快適な生活をするために掃除をする、
子どもと愉しいひと時を過ごすという風に視点を変えて
これから、長~い家事・育児生活を家族で育んでいきたいと
思います。

ポイントは、「自分だけがやっている」という意識を
なくすことだと最近きづきました。
「相手がしてくれない」と求めるのではなく、
新しいメニューに挑戦したり、
きれいになったときの達成感、
子どもとともに成長する喜びを
大切にする決意です。

人気ブログランキングへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。