--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ
2013年02月11日 (月) | 編集 |
イクメンとは育児・家事を楽しむ男

イクジイとは孫育てを楽しむ男

でも、いずれもわが子(孫)だけでなく
地域の保育園、学校、町内会
同じマンションの
子どもを愛する男

誤解を恐れずにいうと

そんな定義かなって思います。

妻が

「イケダン」になってほしい

というので

それって何と尋ねると

「イケてるだんな」の略らしい


私なりにイケダンってどんなダンナか
を考えてみました。

ところで

私はトイレで用を済ますと

台?であれ省?であれ

必ず便座を下げ、蓋を閉めることにしています。


なぜかって?

それは我が家に一人しかいない
女性に対する配慮からなのです。

随分前に

どこで教わったのか

それがパートナーであったり
彼女であったり
母や姉や妹や

祖母に対する

配慮なのだ

っと


男は便座を上げ

用を済ませ

(信じられないかもしれないですが)
手も洗わず

そのまま外に出る人が多いデス

その後に入った日には

落ち着いていればいいですが、

女性だって
急いで

かわやに
行くことも
(事情も)

あるのです。

焦って座ったら

冷た~

しかも

きたな~



状態で

出た後は

殺されるくらいの
勢いで出てきます

私が女性なら

そう思います。




そのように心がけており

そのことをこのように
書こうと思っていたのです


すると


妻「も~ こまるけ~
便座をおろす人には」

私「どしたん?何があったん?何なん?」

妻(空気読めない~って感じで

 「流した~?」

私「何を?」

妻「用を足したらどうするんかね?」


そういえば、かわやに入った時の
みたくないものを見てしまった

嫌な感覚が

よみがえってしまったのです。


結論は

イケダンは

絶えず、イケてるダンナになる努力を
することが大切って

長~い話でした




スポンサーサイト

人気ブログランキングへ
2012年12月21日 (金) | 編集 |
2004年10月10日

多くの人の前で
私たちは

結婚の誓いを行いました

自称 ラブラブ夫婦

でも、価値観の相違もあり
思い通りにいかず

寅さんのように
何度も私は家を出て
何もなかったように
帰ったことも数えきれず

ただ、そんないざこざやけんかも
ふつ~にありながら

ここまで順調に
家族3人で
一緒に過ごせて

毎日 しあわせ
と感じられていること

ツイてます

感謝してます


それは、これまで
数え切れない多くの人たちに
支えられてきたからこそ

お世話になった人へ感謝の気持ちと
これまでの人生の喜び・苦労を乗り越えたこと知っていただきたく

そして それを機に

結婚したい

夫婦関係を見直したい

と思っていただけるような


スイート10 結婚披露パーティ

「つながりはLove&Peace Ⅱ」を
2014年10月10日頃に行います。

そこで、ビジネス、趣味、地域、友人、カップルなどの
新たな出会いが生まれたら

なお、うれしいです

さて、どうやってするかは
これから・・・

人気ブログランキングへ
2011年12月26日 (月) | 編集 |
私たちが結婚を祝っていただいた
八丁堀シャンテが、昨日閉館となりました。
http://www.h-chanter.jp/

このブログのタイトルは
その「結婚を祝う会」で命名されたものを使っています。
http://iloveiaiao.blog47.fc2.com/blog-entry-119.html

昨日、シャンテ「最期」の日に開かれた
フェアウェルパーティーに
家族3人で参加してきました。

私たちは7年前に
200名の人たちに祝福されて
新たなスタートを切ったこと

その時も、そして今も
数え切れない方々に
お世話になっていること

ありがたいなぁと振り返りながら、
その場所がなくなることを惜しんできました。

他にも5組くらい
結婚披露宴をされた方がいました。

「シャンテを愛する」人たちの
波動を感じながら
あの当時の余韻にひたり
これからのエネルギーにしました。

フィナーレで振り返りビデオの中を
参加者全員で鑑賞。

東日本大震災のことが
触れられていました。

図々しくもお見送りをしていただいた際に
社長さんに質問しました。

震災と閉鎖の因果関係について
理解できなかったからです。


その応えは

老朽化と耐震基準に対応できなかったこと、
そして、震災後の不況・・・
http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn201111180029.html

ビデオの中では2年前に大きな改修をしていることも
紹介されていました。

それなのにです。

東北レベルの地震が来ると耐えうるとは言い難い
予算もかけられない・・・

従業員さんのご家族を含む生活を考えたり、
儲けることだけを考えていたら
閉鎖はできなかったと想像します。

そんななかでのご決断


ところで、
この建物に何も刻めないのなら
解体された後

昨日のすばらしいひと時を
撮った写真と映像を
地下にタイムカプセルを埋めて

数10年後に発見されたらいいな

なんてバカな想像をしながら
帰ったのでありました。


※パーティの前にあったチャリティオークション

私は、階段入口に飾ってある
崖の上のポニョと龍馬で有名な
鞆の浦から仙酔島を望む絵画が
欲しかったのですが、

200万の値がつき、
オークションの対象から
外されていました。

そのお金で少しでも
負債が減ること
祈っております。

人気ブログランキングへ
2009年11月17日 (火) | 編集 |
婚活という言葉が流行っていますが、当の本人は大変です。
ただ、今日はそのことに悩む人に私の考えを聴いてもらいたいと思います。

アンテナを365°張り巡らしましょう!

出会いがなかったり、苦い失恋をひきづっていたり、
自分の理想の人に縁がなかったり・・・
人生のパートナーに出会うことは難しいです。
(出会ってからそれを本物にしていくことのほうがもっと難しいですが。)

それでも、いろんな方法で異性と知り合う機会はあると思います。

昔、失恋した時にその人のことしか見えなくて、「☆の数ほどいる」っと
言われても、なかなかそうは思えなかったのを思い出します。

私は、運よく結婚できたから、未婚の方の気持ちに寄り添えているかはわかりません。

ただ、自分磨きはせずに、理想ばかり追い求め、
他人からは「あなた面食いじゃね」って言われるほど、
外見にはこだわったりする自分。

自分が求める性格や価値観、容姿を満たす人とおつきあいするなんて、
なかなか難しいことを自覚して初めて、幸せになりました。

一番のポイントは、こだわりを捨てることかもしれません。
また、そのこだわりを見直してみることかもしれません。

そして、どこにでも出会いはあることを意識すること、
そういう人は、絶対出会うと思います。

人が紹介してくれた縁に、耳を傾けてみる。
合コンに行ってみる。
出会い系のパーティに行く。
結婚相談所に登録する。
とにかく、これっと思ったら行動する。

すべて、決めるのは自分ですが。

最近、広島の地場で、結婚紹介サービスを経営される社長さんと出会いました。
大手にない特徴は「広島市内在住の人が多い」
そして、マッチングが進むようマンツーマンのカウンセリング。
その会社も、月二回イベントを企画されています。
自分磨きのアドバイスもしてくださる。

自分を磨かない人が、どうして魅力的になるのでしょうか。
自分を愛せない人が、どうやって人を愛せるのでしょうか。

社長さんに初めてお会いした時、独身と思われて入会を
お誘いいただいたのですが、
今、独身なら二つ返事で登録し、パーティに参加します。

それも縁ですから。

道端でナンパされて結婚するのも縁。

目の前のお友だちが、パートナーになることだって
これ、私の話ですが(笑)

どういうきっかけで知り合ったかを他人は知りたがりますが、
そんなことを気にしていたら、一生結婚はできないと思います。

どんな困難や障害があっても、
きっと幸せになるっとご自分を信じてほしいです。

人気ブログランキングへ
2009年10月11日 (日) | 編集 |
5年前の10月10日、3回目の結婚記念日、
結婚を祝う会「つながりはLOVE&PEACE」の人前結婚式。

そこで、私たちは何を誓ったのかを振り返りたいと思います。

私の師匠が神父になって、憲法第24条を読み上げられました。

池田香代子さん訳の「やさしいことばで日本国憲法」を使って

「結婚は当事者が同意すれば それだけで成立します。
結婚とは、当事者どうしが おなじ権利を持つことをふまえ、
たがいに力をあわせて維持していくものです。
結婚相手をえらぶことや、財産にまつやる権利や
相続や、どこに住むかをえらぶことや、離婚など、
結婚と家族にまつわる法律は、
個人の尊厳と両性の合意の真の平等をふまえて
つくられます」


その時、自由に結婚できるありがたさを
しみじみと感じたことは言うまでもありません。

そう、私の親やおじ・おば世代では
こんなこと、考えられなかったのですから。

私たちは、200名の参加者にむかって
あらかじめ話し合った、「誓いの言葉」を読み上げました。


「どんな時でも相手の思いを聞き、
自分の思いをお互いに伝え合います。

お互いの活動を尊重し、家事・育児は協力し合います。

子どもや孫が生まれても
『アイコちゃ~ん♥』『やまつぁ~ん♥』と呼び合います。

誰でも気軽にあそびに来れる家庭にします。

人とつながること、自分らしくいること、
学ぶことを追求していきます。

ヒロシマの心を引き継ぎ、
平和な世の中を築くため、がんばります。」


この5年間、どれだけのことが実践できているか、わかりません。

改めて、初心に戻り、わくわく、ドキドキする
夫婦でいたいと思います。



人気ブログランキングへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。